野球中継

【2022年版】中日ドラゴンズの全試合中継を見るおすすめ方法【プロ野球】

中日の全試合中継を見る方法

ブログを見ていただきありがとうございます。

この記事は以下の方向けです
  • 中日ドラゴンズの全試合中継を見たい方

東海地方では中日の試合を地上波放送しています。

ただ、東海地方以外で見るのは難しいですよね。

この記事では、プロ野球観戦歴20年以上の筆者が、中日の全試合中継を見るおすすめ方法をご紹介します。

※中日以外にも見たい球団がある方は、以下の記事をご覧ください。

【2022年版・プロ野球中継】球団別のおすすめ視聴方法まとめ【テレビ&ネット】

中日ドラゴンズの全試合中継を見るおすすめ方法

結論からお伝えすると、中日の全試合中継を見る方法としておすすめなのは、

「スカパー!プロ野球セット」です。

また、ほぼ全試合を見る方法として、

「DAZN(ダゾーン)+J SPORTSオンデマンド」

「DAZN for docomo+J SPORTSオンデマンド」があります。

それぞれの特徴をご紹介します。

スカパー!プロ野球セット

視聴可能球団12球団
対応機器テレビ・スマホ・タブレット・パソコン
月額料金4,483円(税込)
内訳…基本料429円(税込)+視聴料4,054円(税込)
無料期間加入月

スカパー!は、様々なジャンルのチャンネルを自由に選んで契約する、多チャンネルデジタル衛星放送です。

「スカパー!プロ野球セット」は、プロ野球の公式戦全試合を見られるようにチャンネルが構成されたセットとなっています。

また、試合中継だけでなく、毎日の全試合を振り返る「プロ野球ニュース」「ドラフト会議」「キャンプ中継」野球関連番組も豊富です。

次はスカパー!プロ野球セットのメリット・デメリットを見てみましょう。

スカパー!プロ野球セットのデメリット

・料金が高い

・テレビで見ないならメリットが少ない

スカパー!プロ野球セットのメリット

・12球団の公式戦全試合を見られる

・テレビの大画面で見られる

・スマホなどでも視聴可能

・野球以外の番組も楽しめる

スカパー!プロ野球セットは料金の高さがデメリットですが、12球団の公式戦全試合を見られる唯一のサービスです。

「料金にはこだわらず、テレビの大画面で快適にプロ野球を楽しみたい方」に向けたサービスといえるでしょう。

スカパー!プロ野球セットについて詳しく知りたい方はスカパー!プロ野球セットのメリット・デメリット|料金や特徴は?をご覧ください。

\加入月無料!12球団が見られる/

スカパー!プロ野球セット

DAZN(ダゾーン)

ダゾーン
出典:DAZN公式サイト

視聴可能球団広島以外の11球団(広島主催試合・一部中日主催試合は除く)
※中日主催の巨人戦一部配信されない場合あり
対応機器テレビ・スマホ・タブレット・パソコン・ゲーム機(PS4・XBox One)
月額料金3,000円(税込)
無料期間なし

「DAZN(ダゾーン)」は、130以上のスポーツコンテンツを年間10,000試合以上配信している動画配信サービスです。

様々な対応機器を使って、好きなタイミング(ライブ配信&見逃し配信)でスポーツ中継を楽しめますよ。

DAZN(ダゾーン)のメリット・デメリットは以下になります。

DAZN(ダゾーン)のデメリット

・広島カープの主催試合は配信されない

・遅延がある

・録画機能、ダウンロード機能がない

・見逃し配信の期間が短い

DAZN(ダゾーン)のメリット

・簡単に登録できる

・対応機器が豊富

・2台同時に視聴が可能

・プロ野球以外のスポーツも見られる

DAZNは登録方法が簡単で、見たい試合が今すぐ視聴できます。

また、2台同時に視聴可能なので、家族で応援しているチームが違う場合に便利ですよ。

「家族で複数の試合を見たい方」「他のスポーツも楽しみたい方」向けのサービスといえます。

DAZN(ダゾーン)でプロ野球を見たい人必見【メリット・デメリットを解説】

DAZN(ダゾーン)の登録方法を簡単5ステップで解説【画像付き|新規入会】

\たくさんのスポーツが楽しめる!/

DAZN

DAZN for docomo

視聴可能球団広島以外の11球団(広島主催試合・一部中日主催試合は除く)
※中日主催の巨人戦は一部配信されない場合あり
対応機器テレビ・スマホ・タブレット・パソコン・ゲーム機(PS4・XBox One)
月額料金3,000円(税込)
無料期間なし

「DAZN for docomo」は、NTTドコモとDAZNが協力してできた動画配信サービスです。

サービス内容はDAZNと同様で、130以上のスポーツコンテンツを年間10,000試合以上配信しています。

以下の記事では、DAZN for docomoについて詳しくまとめています。

DAZN for docomoはドコモ以外も加入できます!メリット・デメリットを解説

\たくさんのスポーツが楽しめる!/

DAZN for docomo

DAZN for docomoとDAZNのデメリットは、広島カープの主催試合を見られない点です。

デメリットの解消方法として「J SPORTSオンデマンド」との併用があります。

J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンド
出典:J SPORTSオンデマンド公式サイト

視聴可能球団広島・横浜DeNA・中日(中日は一部の試合が視聴可能)
対応機器スマホ・タブレット・テレビ・パソコン
料金月額1,980円(税込)
※25歳以下は月額990円(税込)
無料期間なし

「J SPORTSオンデマンド」は、広島・横浜DeNAの全主催試合と中日の一部試合が視聴可能なサービスです。

プロ野球以外にも侍ジャパンや社会人・大学・高校野球と、様々な野球に関するコンテンツを楽しめます。

25歳以下は半額の990円で利用できるのも嬉しいですね。

広島カープの主催試合を見られるJ SPORTSオンデマンドとDAZN for docomo・DAZNの併用で、中日の試合をほぼ見ることができます。

J SPORTSオンデマンドとDAZNの併用で広島カープ含む12球団が視聴できます【プロ野球】

※記事タイトルはDAZNですが、DAZN for docomoでもサービス内容は変わりません。

\25歳以下は半額/

J SPORTS

まとめ

スカパー!プロ野球セット
  • 単体で12球団の公式戦全試合を見られる唯一のサービス
  • 料金にはこだわらず、テレビの大画面で快適にプロ野球を楽しみたい方向け

\加入月無料!12球団が見られる/

スカパー!プロ野球セット

DAZN(ダゾーン)
  • 登録方法が簡単
  • 家族で複数の試合を見たい方や、他のスポーツも楽しみたい方向けのサービス
  • 広島カープの主催試合、中日主催の巨人戦(一部)は配信されない
  • J SPORTSオンデマンドとの併用で、中日の試合がほぼ見られる

\たくさんのスポーツが楽しめる!/

DAZN

DAZN for docomo
  • 広島カープの主催試合、中日主催の巨人戦(一部)は配信されない
  • J SPORTSオンデマンドとの併用で、中日の試合がほぼ見られる

\たくさんのスポーツが楽しめる!/

DAZN for docomo

\25歳以下は半額/

J SPORTS

【2022年】プロ野球中継を見るおすすめの方法!スカパー?DAZN(ダゾーン)?

また、以下の記事では中日戦を無料で見る方法をまとめています。

【2022年版】中日ドラゴンズの試合中継を無料で見る方法【プロ野球】

あなたに合った方法で、中日の試合を思う存分楽しみましょう!

\たくさんのスポーツが楽しめる!/

DAZN for docomo