野球

【初心者向け】プロ野球12球団のチーム名と特徴を覚えよう!

ブログを見ていただきありがとうございます。

この記事は以下の方向けです
  • プロ野球12球団のチーム名や特徴を知りたい方
  • プロ野球に興味がある方

プロ野球はチーム数が多く、チーム名や特徴も分かりづらいですよね。

この記事では、プロ野球観戦歴20年以上の筆者が、プロ野球12球団のチーム名と特徴をお伝えします。

この記事を読めば、プロ野球のチームを覚えることができますよ。

プロ野球チームを覚えよう!【パリーグ編】

プロ野球は12球団がパリーグセリーグに分かれています。

【プロ野球】パリーグとセリーグの違いは?【人気のセ・実力のパ】

リーグごとに分けてご説明します。まずはパリーグの6球団です。

オリックス・バファローズ

  • 本拠地:京セラドーム大阪(大阪府大阪市)
  • 2017年…4位 
  • 2018年…4位 
  • 2019年…6位 
  • 2020年…6位
  • 2021年…1位

2004年、オリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの球団合併で誕生したのが、オリックス・バファローズです。

2021年シーズンは中嶋監督のもと、25年ぶりのリーグ優勝を果たします。

高卒2年目の紅林弘太郎選手を筆頭に、若手選手を抜擢し「勝利」と「育成」を両立させたシーズンでした。

投手では、山本由伸選手が圧倒的な成績で沢村賞を、宮城大弥選手新人王を受賞しました。

打者では、吉田正尚選手2年連続の首位打者ラオウこと杉本裕太郎選手本塁打王のタイトルを獲得しました。

2022年シーズンは、1996年以来の日本一を目指します。

オリックス・バファローズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

千葉ロッテマリーンズ

  • 本拠地:ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市)
  • 2017年…6位
  • 2018年…5位
  • 2019年…4位
  • 2020年…2位
  • 2021年…2位

2021年、シーズン終盤までオリックスと優勝を争ったのが、千葉ロッテマリーンです。

投手陣は、セーブ王益田直也選手を中心としたリリーフ陣が強みです。

打者では、レアード選手マーティン選手長打力が非常に強力です。

また、2022年シーズンは「令和の怪物」佐々木朗希選手の投球にも注目ですよ。

佐々木選手以外にも期待の若手が多く、成長が楽しみなチームです。

千葉ロッテマリーンズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

東北楽天ゴールデンイーグルス

  • 本拠地:楽天生命パーク宮城(宮城県仙台市)
  • 2017年…3位 
  • 2018年…6位 
  • 2019年…3位 
  • 2020年…4位
  • 2021年…3位

東北楽天ゴールデンイーグルス2005年に創設されました。

比較的新しい歴史の球団です。

2013年には球団初の日本一に輝き、東日本大震災の被災地に勇気と希望を届けました。

投手陣は、田中将大選手・則本昂大選手・岸孝之選手と、実績豊富な先発投手がそろっています。

打者では、「2021年打点王」島内宏明選手浅村栄斗選手・鈴木大地選手が中心です。

2022年は盗塁王西川遥輝選手がチームに加わりました。

2013年以来の日本一を目指して戦います。

東北楽天ゴールデンイーグルスの特徴や魅力を紹介【プロ野球12球団】

福岡ソフトバンクホークス

  • 本拠地:福岡PayPayドーム(福岡県福岡市)
  • 2017年…1位
  • 2018年…2位
  • 2019年…2位
  • 2020年…1位
  • 2021年…4位

ここ5年間で4度の日本一に輝いている福岡ソフトバンクホークスです。

2021年は4位でしたが、投手・打者ともに実力ある選手が多いです。

チームの特徴として、千賀滉大選手甲斐拓也選手など、育成ドラフト出身選手が主力に成長している点があります

また、現在ポストシーズン(日本シリーズやクライマックスシリーズ)で16連勝中と圧倒的な強さを誇っています。

2010年代は、日本シリーズでセリーグ6球団すべてを破っており「王者」と呼んでも差し支えない実績を残しています。

2022年は藤本博史新監督のもと、日本一奪回が目標です。

福岡ソフトバンクホークスの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

北海道日本ハムファイターズ

  • 本拠地:札幌ドーム(北海道札幌市) 
  • 2017年…5位 
  • 2018年…3位 
  • 2019年…5位 
  • 2020年…5位
  • 2021年…5位

ここ3年間はBクラスですが、2016年には日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズです。

二刀流で有名な大谷翔平選手も投打で素晴らしい成績を残し、2016年の日本一に貢献しました。

日本ハムはメジャー移籍に寛容な球団です。

過去にはダルビッシュ有選手大谷翔平選手有原航平選手が、ポスティングシステム(入札制度)を利用しメジャー球団に移籍しています。

2022年は新庄剛志ビッグボスが話題になっていますね。

どのような采配やパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

北海道日本ハムファイターズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

埼玉西武ライオンズ

  • 本拠地:ベルーナドーム(埼玉県所沢市)
  • 2017年…2位
  • 2018年…1位 
  • 2019年…1位 
  • 2020年…3位
  • 2021年…6位

2018・2019年と2年連続優勝した埼玉西武ライオンズです。

チームの特徴は「山賊打線」と呼ばれる強力な打線です。

山川穂高選手森友哉選手豪快なホームランは迫力満点ですよ。

2021年シーズンは怪我人が多く、打線が本来の力を発揮できませんでした。

2022年は山賊打線復活に期待です。

また、投手では「1シーズンの連続試合無失点記録(39試合)」を達成した平良海馬選手の投球に注目です。

埼玉西武ライオンズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

プロ野球チームを覚えよう!【セリーグ編】

東京ヤクルトスワローズ

  • 本拠地:明治神宮野球場(東京都新宿区)
  • 2017年…6位 
  • 2018年…2位 
  • 2019年…6位 
  • 2020年…6位
  • 2021年…1位

2021年シーズン、20年ぶりに日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズです。

投手では、高卒2年目の奥川恭伸選手9勝を挙げました。

打者は、本塁打王の村上宗隆選手山田哲人選手が打線の中心です。

選手だけでなく、チームマスコットのつば九郎は名言や毒舌で有名ですね。

マスコットにしては珍しく、つば九郎メインの番組も放送されています。

2022年シーズン、2年連続の日本一に期待です。

東京ヤクルトスワローズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

阪神タイガース

  • 本拠地:阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)
  • 2017年…2位 
  • 2018年…6位 
  • 2019年…3位 
  • 2020年…2位
  • 2021年…2位

2019~2021年まで3年連続Aクラスの阪神タイガースです。

全国的にファンが多い人気球団ですね。

「阪神ファン=熱狂的」と感じている方も多いのではないでしょうか。

投手では、青柳晃洋選手最多勝最高勝率のタイトルを獲得しました。

打者では、近本光司選手最多安打、ルーキーの中野拓夢選手盗塁王のタイトルを獲得しました。

中野選手以外のルーキーでは、伊藤将司選手10勝をあげ、佐藤輝明選手24本塁打を記録しています。

2021年はルーキーの活躍が目立つ年でしたね。

2022年は矢野燿大監督ラストシーズンです。

阪神タイガースの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

読売ジャイアンツ

  • 本拠地:東京ドーム(東京都文京区)
  • 2017年…4位 
  • 2018年…3位 
  • 2019年…1位 
  • 2020年…1位
  • 2021年…3位

2019・2020年と2年連続で優勝した読売ジャイアンツです。

「巨人」と呼んだ方が分かりやすいですね。

日本プロ野球で1番歴史が長く、全国的にファンが多い人気球団です。

2021年、岡本和真選手本塁打王打点王の2冠を獲得しました。

2020年に続き、2年連続の2冠獲得です。

3年連続の2冠獲得になると、王貞治氏野村克也氏以来の快挙です。

ぜひとも達成してほしいですね。

2022年シーズン、チームとしては2012年以来の日本一を目指します。

【巨人】読売ジャイアンツの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

広島東洋カープ

  • 本拠地:MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島県広島市)
  • 2017年…1位 
  • 2018年…1位 
  • 2019年…4位 
  • 2020年…5位
  • 2021年…4位

2016~2018年まで3年連続で優勝した広島東洋カープです。

地元広島での人気の高さはもちろん、ここ数年は全国的にも爆発的な人気を誇っています。

12球団の中で唯一親会社を持たない球団です。

2021年は、ルーキーの栗林良吏選手37セーブをあげ、新人王に選ばれました。

また、九里亜蓮選手13勝をあげ、最多勝のタイトルを獲得しました。

現在3年連続Bクラスですが、2022年は強い広島の復活に期待ですね。

広島東洋カープの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

中日ドラゴンズ

  • 本拠地:ナゴヤドーム(愛知県名古屋市)
  • 2017年…5位 
  • 2018年…5位 
  • 2019年…5位 
  • 2020年…3位
  • 2021年…5位

ここ5年間で、Bクラスが4度の中日ドラゴンズです。

2021年のシーズン順位は5位でしたが、チーム防御率はリーグトップ(3.22)で、投手の頑張りが目立ちました

柳裕也選手最優秀防御率最多奪三振の2冠を獲得しました。

また、選手ではありませんが、チームマスコットのドアラは有名ですね。

2022年からは「ミスタードラゴンズ」立浪和義監督がチームを率います。

2022年シーズンの戦いぶりに注目です。

中日ドラゴンズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

横浜DeNAベイスターズ

  • 本拠地:横浜スタジアム(神奈川県横浜市)
  • 2017年…3位 
  • 2018年…4位 
  • 2019年…2位 
  • 2020年…4位
  • 2021年…6位

2021年は最下位だった横浜DeNAベイスターズです。

チームの特徴は、好打者がそろった打撃陣です。

特にルーキーの牧秀悟選手は、打率.314、22本塁打、71打点の成績を残し、新人特別賞を受賞しました。

2022年は「ハマの番長」こと三浦大輔監督の2年目です。

三浦監督を支えるコーチ陣は、石井琢朗コーチ鈴木尚典コーチなど1998年のVメンバーが多いです。

選手はもちろん、コーチ陣にも注目ですね。

横浜DeNAベイスターズの特徴や魅力を紹介!【プロ野球12球団】

まとめ

プロ野球12球団を見てきました。

チームの特徴を覚えると、プロ野球が何倍も楽しくなりますよ。

気になるチームがある方や、試合をチェックしたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

プロ野球観戦
【2022年版・プロ野球中継】球団別のおすすめ視聴方法まとめ【テレビ&ネット】 ブログを見ていただきありがとうございます。 この記事は以下の方向けです 応援しているプロ野球チームの視聴方法を知りたい方 ...

【2022年版・プロ野球中継】球団別のおすすめ視聴方法まとめ【テレビ&ネット】

DAZN