ドラフト

【2020年代】千葉ロッテマリーンズの歴代ドラフト指名選手一覧【プロ野球】

2020年代の千葉ロッテマリーンズのドラフト指名選手
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

プロ野球のドラフト会議。ひいきチームがどの選手を指名するのか、ワクワクする一大イベントです。

この記事では、2020年代の千葉ロッテマリーンズのドラフト指名選手をまとめました。

以下の記事では、ドラフト会議について詳しくまとめています。

プロ野球のドラフト会議とは?仕組みやルールをわかりやすく解説

2020年度

順位選手所属
1位早川隆久
→鈴木昭汰(投手)
法政大学
2位中森俊介(投手)明石商業高
3位小川龍成(内野手)國學院大學
4位河村説人(投手)星槎道都大学
5位西川僚祐(外野手)東海大学付属相模高
順位選手所属
育成1位谷川唯人(捕手)立正大学淞南高
育成2位小沼健太(投手)茨城アストロプラネッツ
育成3位山本大斗(外野手)開星高
育成4位佐藤奨真(投手)専修大学

2021年度

順位選手所属
1位松川虎生(捕手)市立和歌山高
2位池田来翔(内野手)国士舘大学
3位廣畑敦也(投手)三菱自動車倉敷オーシャンズ
4位秋山正雲(投手)二松学舎大学附属高
5位八木彬(投手)三菱重工West
順位選手所属
育成1位田中楓基(投手)旭川実業高
育成2位速水将大(内野手)富山GRNサンダーバーズ
育成3位永島田輝斗(投手)立花学園高
育成4位村山亮介(捕手)幕張総合高

2022年度

順位選手所属
1位荘司康誠
→菊地吏玖(投手)
専修大学
2位友杉篤輝(内野手)天理大学
3位田中晴也(投手)日本文理高
4位高野脩汰(投手)日本通運
5位金田優太(内野手)浦和学院高
順位選手所属
育成1位吉川悠斗(投手)浦和麗明高
育成2位白濱快起(投手)飯塚高
育成3位勝又琉偉(内野手)富士宮東高
育成4位黒川凱星(内野手)学校法人石川高

2023年度

順位選手所属
1位度会隆輝
→草加勝
→細野晴希
→上田希由翔(内野手)
明治大学
2位大谷輝龍(投手)富山GRNサンダーバーズ
3位木村優人(投手)霞ヶ浦高
4位早坂響(投手)幕張総合高
5位寺地隆成(捕手)明徳義塾高
順位選手所属
育成1位武内涼太(投手)星稜高
育成2位松石信八(投手)藤蔭高
育成3位髙野光海(外野手)富山GRNサンダーバーズ
育成4位藤田和樹(外野手)延岡学園高
育成5位富山紘之進(捕手)会津北嶺高