ドラフト

【ドラフト会議】1位指名を事前公表するメリットとデメリットを解説【プロ野球】

記者会見
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するメリットを知りたい
  • 指名選手を事前公表するデメリットは?
  • 近年で1位指名を事前公表した球団と指名選手を教えて

プロ野球のドラフト会議前に話題となるのが、各球団の1位指名選手の事前公表。しかし、なぜわざわざ1位指名を事前公表するのか、事前公表のメリットやデメリットを知りたい人は多いです。

筆者はプロ野球を30年以上観てきました。ドラフト会議も毎年楽しんでいます。

そこでこの記事では、ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するメリットとデメリットを解説します。また、近年の1位指名を事前公表した球団と指名選手もご紹介します。

この記事を読めば、ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するメリットとデメリットが分かり、今以上にドラフト会議を楽しめます。

ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するメリット

  • 他球団を牽制し、競合数を減らす
  • 指名選手への誠意を示す

他球団を牽制し、競合数を減らす

他球団を牽制し、競合数を減らすのが、1位指名を事前公表するメリットです。

ドラフト会議では1位指名選手が重複すると、くじ引きによる抽選が行われます。しかし、基本的にどのチームも抽選は望んでいません。指名した選手を一本釣りしたいと考えています。また、仮に抽選になったとしても、競合数が少なければ、抽選に当たる可能性は高くなります。

評価が同程度のA選手、B選手がいた場合、A選手の1位指名を事前公表しておけば、競合を避けたい他球団が、B選手を指名する可能性が。結果的に、A選手の一本釣りや、競合数を減らすことにつながります。

モトマサ

1位指名を事前公表することで、他球団への牽制に加えて、ドラフト会議前にアドバンテージを取れます。

【プロ野球ドラフト会議】歴代の指名競合数ランキング一覧【1位指名の最多重複数は?】

指名選手への誠意を示す

1位指名選手を事前公表するメリットとして、指名選手への誠意があります。

指名候補選手は、本当にドラフト指名されるのか不安な気持ちを抱えた状態で、ドラフト会議当日を迎えます。1位指名が確実といわれる有力選手も例外ではありません。

1位指名を事前公表することで、不安を抱える選手に対して、球団の誠意を示す形になります。

1位指名の事前公表は、球団の誠意につながります。さらには、指名選手に対する、球団としての最大級の評価を伝えることもできます。

ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するデメリット

  • 指名選手が故障する可能性がある
  • 他の選手が急成長しても1位指名できない

指名選手が故障する可能性がある

事前公表のデメリットとして、指名選手の故障があります。

野球選手である以上、常に故障のリスクがつきまといます。試合中だけでなく、練習で思わぬ怪我をすることも。1位指名選手の事前公表後、選手が故障する可能性ももちろんあります。

事前公表後に選手が故障しても、指名選手の変更はできません。万が一、事前公表した選手と異なる選手を指名した場合、球団の信用を失います。さらに、選手の所属先の学校や企業との関係性も悪化します。

モトマサ

過去の例を見ても、事前公表した選手と実際に指名した選手が異なることはありませんでした。

他の選手が急成長しても1位指名できない

事前公表後、急成長した他の選手を1位指名できないのもデメリット。

指名候補選手のなかには、ドラフト会議前に急成長し、評価が上昇する選手がいます。事前公表した場合、急成長した選手を獲得したいと考えても、1位指名できません。他球団に指名されて、急成長した選手を逃すことになります

事前公表後に急成長した選手を1位指名できないのがデメリットです。

近年、1位指名を事前公表した球団と指名選手一覧

近年の1位指名を事前公表した球団と、指名された選手をご紹介します。

2016年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
広島東洋カープ田中正義(投手)創価大学競合し、抽選に外れる
読売ジャイアンツ田中正義(投手)創価大学競合し、抽選に外れる
千葉ロッテマリーンズ田中正義(投手)創価大学競合し、抽選に外れる

2017年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
広島東洋カープ中村奨成(捕手)広陵高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
福岡ソフトバンクホークス清宮幸太郎(内野手)早稲田実業高競合し、抽選に外れる
阪神タイガース清宮幸太郎(内野手)早稲田実業高競合し、抽選に外れる
埼玉西武ライオンズ田嶋大樹(投手)JR東日本競合し、抽選に外れる
オリックス・バファローズ田嶋大樹(投手)JR東日本競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
東京ヤクルトスワローズ清宮幸太郎(内野手)早稲田実業高競合し、抽選に外れる

2018年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
東京ヤクルトスワローズ根尾昂(内野手)大阪桐蔭高競合し、抽選に外れる
福岡ソフトバンクホークス小園海斗(内野手)報徳学園高競合し、抽選に外れる
読売ジャイアンツ根尾昂(内野手)大阪桐蔭高競合し、抽選に外れる
オリックス・バファローズ小園海斗(内野手)報徳学園高競合し、抽選に外れる
中日ドラゴンズ根尾昂(内野手)大阪桐蔭高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
千葉ロッテマリーンズ藤原恭大(外野手)大阪桐蔭高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得

2019年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
埼玉西武ライオンズ佐々木朗希(投手)大船渡高競合し、抽選に外れる
千葉ロッテマリーンズ佐々木朗希(投手)大船渡高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
広島東洋カープ森下暢仁(投手)明治大学単独指名
北海道日本ハムファイターズ佐々木朗希(投手)大船渡高競合し、抽選に外れる
中日ドラゴンズ石川昂弥(内野手)東邦高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
東京ヤクルトスワローズ奥川恭伸(投手)星稜高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得

2020年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
読売ジャイアンツ佐藤輝明(内野手)近畿大学競合し、抽選に外れる
福岡ソフトバンクホークス佐藤輝明(内野手)近畿大学競合し、抽選に外れる
中日ドラゴンズ髙橋宏斗(投手)中京大学附属中京高単独指名
千葉ロッテマリーンズ早川隆久(投手)早稲田大学競合し、抽選に外れる
北海道日本ハムファイターズ伊藤大海(投手)苫小牧駒澤大学単独指名
東京ヤクルトスワローズ早川隆久(投手)早稲田大学競合し、抽選に外れる
オリックス・バファローズ佐藤輝明(内野手)近畿大学競合し、抽選に外れる

【2020年代】歴代のドラフト1位指名選手一覧【プロ野球12球団】

2021年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
福岡ソフトバンクホークス風間球打(投手)ノースアジア大学明桜高単独指名
埼玉西武ライオンズ隅田知一郎(投手)西日本工業大学競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得

2022年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
東京ヤクルトスワローズ吉村貢司郎(投手)東芝単独指名
オリックス・バファローズ曽谷龍平(投手)白鷗大学単独指名
福岡ソフトバンクホークスイヒネイツア(内野手)誉高単独指名
埼玉西武ライオンズ蛭間拓哉(外野手)早稲田大学単独指名
読売ジャイアンツ浅野翔吾(外野手)高松商業高競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
東北楽天ゴールデンイーグルス荘司康誠(投手)立教大学競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
広島東洋カープ斉藤優汰(投手)苫小牧中央高単独指名
中日ドラゴンズ仲地礼亜(投手)沖縄大学単独指名
北海道日本ハムファイターズ矢澤宏太(投手)日本体育大学単独指名

2023年度

事前公表した球団公表された選手所属結果
広島東洋カープ常廣羽也斗(投手)青山学院大学競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
福岡ソフトバンクホークス武内夏暉(投手)國學院大學競合し、抽選に外れる
埼玉西武ライオンズ武内夏暉(投手)國學院大學競合し、抽選の結果、契約交渉権を獲得
中日ドラゴンズ度会隆輝(外野手)ENEOS競合し、抽選に外れる

まとめ

ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するメリット

  • 他球団を牽制し、競合数を減らす
  • 指名選手への誠意を示す

ドラフト会議で1位指名選手を事前公表するデメリット

  • 指名選手が故障する可能性がある
  • 他の選手が急成長しても1位指名できない

近年のドラフト会議では、1位指名の事前公表が当たり前になってきました。事前公表にも注目して、ドラフト会議を楽しみましょう!

以下の記事では、ドラフト会議について詳しくまとめています。

プロ野球のドラフト会議とは?仕組みやルールをわかりやすく解説